スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

張り込み

薬のせい?
最近、物凄い食欲のりんりん。
悪くなってから、おやつは
手作りをと砂肝やレバーを
焼いてみたり

焼き始めると、ウロウロ開始


オーブンの前で張り込み
じーっと見つめてる
まだ焼けないよー
スポンサーサイト

薬減

先週の今頃は、生きるか死ぬかの状態だったりんりん
1週間でこんなに落ち着きました


今日、診察してもらいましたが
状態としては落ち着いていて
いい感じみたい
よかった、とにかくよかった

食欲も旺盛
砂肝とかレバーをオーブンで
焼いたものをおやつであげてたら
それはそれは、おねだりの連続。
元気になった証拠だね。
今晩から、利尿剤が少し減りました。
様子をみて、また悪くなりそうなら
元に戻すとのことで。
少しでも薬が減るとうれしい

付き合うということ

みなさんの励ましや薬のおかげで
本日は落ち着いています。

昼間はイビキがでて
悪くなってから初めてのような気が
します。
熟睡してる証拠かな

心臓病の犬と暮らしていく
ことに関して、病気とうまく
付き合っていくことが大切みたいな
ことが書いてあったサイトを
みたことがあったけど、
その時はあまり現実味が湧かなかった
です。
でも今は、こういうことかと実感してます。りんりんの状態によって
薬を増やしたり、減らしたり。
治ることはないから
うまく付き合って、1日でも長く
一緒に過ごせるように。


本日の担当看護士の
すももさんとあんずさん。

5分後…

ビッグな2人の寝相の悪さに
追い出された
この2人クビだね

どうにか

皆様にご心配をおかけしております。
メール、電話など励ましの言葉をいただいて感謝感謝です

夕べは薬が効いたのか、眠れた様子です
オシッコの回数、量がふえました。
やっぱり水、溜まってたのかな
今日の審査では、危険な状態であることは変わりないけど、昨日よりは少し落ち着いていると。
頑張ろうね、りんりん

利尿剤

昨夜、ほとんど眠れずにいたりんりん
体全体で息をしているように揺れてる。

朝一番で病院へ
先日、緊急用の薬(利尿剤)をもらっていたのだけれど
どのくらいのことを緊急というのか
いまいちわからず、飲ませていなかった。
看護師?から緊急用の薬をいつ飲ませたか聞かれて
飲ませていないことを伝えると
「なぜ飲ませないんですか!緊急用なのに
意味がないじゃないですか!飲ませないなら
何もしないで看取るだけですよ」と言われた。
悔しくて悔しくて涙がでた。
どのような状態で飲ませるようになどの説明も
しなかった上に、ただ看取るだけですなんて言われて。

診察の順番がきて、先生にすぐ利尿剤を飲ませるべきだったのかと
尋ねたが、「今の状態は利尿剤がどうこうっていう状態じゃないよ」
と、かなり厳しい状態にあることを説明された。

酸素吸入と利尿剤の注射を2本。
今夜から薬も3種類増えた。
こんなことなら、早く利尿剤を飲ませておけばよかったと
りんりんにしんどい思いをさせた自分に腹がたった。

残された時間がどのくらいかはわからない。
どんなことでもしてあげたい。
りんりん自体も察しているのか、ちょっと動くだけでも
後追いするようになった。
今は眠っているが、相変わらず呼吸は荒い。

心配症

母はかなりの心配症である。
毎晩、腕枕で寝る凛ちゃんであるが、
呼吸の荒らさ、そして心臓の雑音が
腕を通して伝わってくる

今朝から、体全体で息をしている
ような感じで苦しそう
どうしよう
今日は日曜日だけど、先生は診てくれるだろうか

結局、先生は研修で留守。どうしても悪いようなら別の病院で診察してもらうようにと。

子犬の頃に一度、診てもらった病院へ
先生は聴診器で心臓の音を聞くと
「おーこれは酷いな」と
でも、ご飯も食べれてるし体の
酸素量も充分だからそんなに心配しなくても大丈夫ですよ、と。
そして、気をつけることをいろいろ
聞いて。
ある程度の呼吸の荒さは仕方ないみたいで。
とにかくストレスが絶対ダメですからねと
何もかも、見直さねばならん。
そんな矢先に、母は石灰沈着性腱板炎を再発痛い。
へこんでる暇はない。
頑張らないと

呼吸

先日、診察のため病院に行ってきました。結果はあまりよくなく、危険な状態だと
確かに散歩の時もあまり元気がない。
そして、呼吸が荒い。
薬を飲み始めてからも、そんなに悪くなった気はしていなかったけど、先生にいろいろ「こんな症状ない?」と聞かれたことがたくさん当てはまる。
しんどそうにしてるのを見るのが、辛い。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。